オー・グッド・グリーフ

脱サラまであとどのくらい

スーツを着るのも悪くはない

学生の頃の友達と会って、学生の頃と同じように遊んでも、やっぱり以前とは何かが違う。時間が無限にあった時の休日と、時間が限られている時の休日は、プレミア感が違う。休日が終わりに近付く頃の、胸が締めつけられるような感覚が好きだ。小学生の頃、夏休み最終週に感じていた気待ちに似ている。

 

昨日嬉しかったのはお会計。中学の同級生4人で飲み食いして、さあお会計ってなった時。ここ数年みんなは社会人で僕だけ学生だったから、まあいいよ多めに出すよ、と言われることが多かった。純粋にありがたかったんだけど、ちょっと寂しい気もしていた。でも昨日は違って、きっちり4で割った。いいなこの感じ、と思った。スーツを着るのも悪くはないと思った。

 

一昨日は会社の帰りにスタジオに寄った。僕が今やっているバンドがフリーペーパーに載ったということで、それをチェックしに行った。昔からお世話になっている地元のスタジオ。いつもいる長髪のお兄さんがいた。生憎フリーペーパーは置いていなかったが、お兄さんと久しぶりに話をした。

「4月から会社に入ったからバンドをやる時間が減っちゃったんです」

と僕が言ったら

「いいことじゃないですか」

と言っていた。スタジオの店員さんが言うとなんだかおかしい。会社に入らないでバンドをやり続ける人達からお金を搾り取るのがお兄さんの仕事なんだけどな。

 

会社に入っただけでお馴染みの人や街が違って見えてくる。それがなんとなくおもしろくて、まだしばらくは会社勤めを続けようと考えている。