オー・グッド・グリーフ

脱サラまであとどのくらい

一緒に歳をとる人

昨日は母校の吹奏楽部の定期演奏会だった。僕達の代は高校を卒業してから7年が経つんだけど、なかなかの出席率で全25人中15人くらいの人が観に来ていた。演奏会は昼過ぎに終わり、まだ日も暮れていない頃から飲み会が始まった。

 

これまで高校の友達と久しぶりに会った時には、頭の中がパチっと高校生の頃に戻るような感覚があった。当時の友達と、当時の喋り方で、当時の目の輝きで話すような、そんな感覚があった。

 

でも昨日は違った。喋っていたのは紛れもない現在の自分達だった。高校生に戻って騒ぐというよりは、高校時代を一緒に過ごした大人達が話しているという感じ。みんな24歳、25歳になっているんだから当然か。高校生に戻れる期間はもう終わったんだなってちょっと寂しくなったけど、それはそれで悪くはない。

 

ドイツ語が好きだったミサキちゃんがちゃんと海外取引をする仕事に就いていたり、恋愛と縁遠かったイワセが年内に挙式を予定していたり、高校を休みがちだったヒグチくんがサンフランシスコで学会発表をしていたり。

 

いろんな生活を聞いて、みんな一緒に大人になっているんだなと思った。やっている仕事は違うし、付き合っている人も違うけど、仕事や恋人と全力で向き合っているというところは同じだった。これからもひとつずつ、一緒に歳をとっていくんだと思う。同級生って心強い。